ロゲイン

医薬品の偽物に注意しましょう!

WHO(世界保健機構)の調査によると全世界で流通している医薬品の約10%が偽造製品とされています。実際に、医薬品や化粧品の偽物による健康被害をネットやニュースで耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

実は、このような偽物を取り扱う悪質な業者は、身元が特定できないインターネットの個人輸入代行業者に多いとされています。 ですから、医薬品の個人輸入を行う場合は偽物に注意する必要がでてきます。

ロゲイン

ロゲインはAGAの治療に効果があるミノキシジル5%の発毛剤で、世界 80カ国で販売、利用されている実績のある医薬品です。しかし、日本では認可されていません。日本ではミノキシジル5%のリアップが認可され、販売されています。

 

ところが、リアップよりも世界中で実績のあるロゲインを使用したいと考えている方も多いようです。また、リアップとロゲインではかなりの価格差があり、ロゲインのほうが圧倒的に安価です。このようにロゲインを利用してコストの面でメリットを受けている方はたくさんいます。 そして、実績とコストの点で、ロゲインを利用したいと考えている方も多いのです。

 

但し、ロゲインを購入する際は、個人輸入代行を利用しますので、偽物のリスクについて考えておく必要があります。

 

ロゲインを入手する方法は個人輸入

ロゲイン

ロゲインを入手するには個人輸入を行います。なぜなら、ロゲインは日本では認可を受けていない医薬品だからです。認可を受けていない医薬品でも、個人的に自己責任で使用するということであれば個人輸入を行うことができます。

 

しかし、実際に自分で個人輸入を行うには手続きが大変面倒です。この大変な手続きを代行してくれるのが個人輸入代行業者です。 そして、代行業者を利用することにより、ネット上の簡単な手続きで、自宅にいながら簡単にロゲインを入手することができます。

 

このような業者はネットを検索するとすぐに20社ぐらい見つかります。はじめて購入する際は、いったいどこで購入したら大丈夫なのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

ここで問題なのは、このような個人輸入代行業者の中には悪質な業者も数多く存在するという事実です。 さらに、インターネット上のホームページだけで判断する必要がありますから、信頼できる業者かどうか見極めるのは大変なことです。

 

判断を間違えて、偽物をつかまされて、健康被害にでもあったら大変なことです。だからこそ、安心して購入できる業者かどうか見極めることが大切です。